当店会長の愛用器材をご紹介します!

 ● 長年愛用! 会長のパーフェクト ダイバー 器材セット!
☆ 水着は足にゴロゴロ溜まらないビキニの競泳タイプ!
☆ ウエットは乾きが早く脱着しやすい3mmのリベルサーモに2mmのフード付きベストを着用
☆ ブーツは丈夫な厚手のソールのファスナー付き
☆ マスクは顔に合う視界の広い物で、私は一眼が撮影に重宝。もちろんストラップカバー付き

☆ スノーケルはボートダイブでは殆ど使わないので、蛇腹タイプをBCのポケットに収納
☆ マスクの曇り止めはメッシュバッグ等にゴムひもで結ぶなど工夫して常時現場に携帯
☆ フィンは推進力でマレス! 足に負担が少なくそれでいて良く進む。初心者でもOK!

☆ BCDは今は極めてシンプルなアクアラングのアウトロー。海外ツアーにはこれが一番!
☆ ナイフは工夫してBCの肩等に取り付けて、装着の手間と紛失をさける
☆ レギはマレスのアビス。オクトとインフレーターレギュレターを装備。同時使用も有り!
☆ ゲージは発信機付きダイコンを使用しているので予備に機械式のスティックゲージを装備
☆ ダイコンはUWATECと、もしもの時用に時計タイプのSUNTO等の2台を必ず着用

☆ コンパスは最低限の方向確認に、時計に装着するミニコンパスを利用

☆ 安全用品は水中シェイカーと30mのライン付リール、大型のシグナルフロートを必ず装備
☆ 激流が予想される水域では、カレントフックや指示棒も有効

☆ 水中ビデオ撮影はフルハイビジョン用のSONYのコンデジ数台に、専用ハウジングを使用
☆ ビデオ用水中ライトはエポック社のLED型 EL-1000 A105を使用、丈夫で明るく長持ち

☆ 器材ケースはもちろんハード! 必要に応じてメッッシュバッグや防水バッグも利用

☆ グローブは、最近南の海では使用禁止のところが多く、私は持ち歩かない

◎ 現地で良く起きる器材のトラブル情報と予防策
● タンクバルブの開け忘れ ←器材の装着時に自分でチェックし、バディに対応を依頼
★ マスクのスカート・各種ストラップの断裂 ←出発前に十分チェックし必要な場合は交換
★ ゲージ類の破損 ←出発前に十分チェックし、荷造り時やメッシュでの運搬時にも十分注意
☆ ダイコンをはじめ各種の電気電子製品の故障 ←予備を含め2台以上の準備し装備する
★ BC本体やインフレーターからのエア漏れ ←出発前に十分にチェックしメンテや修理を行う
★ カメラ類の落下 ←コイルコードやゴム紐等で手以外の場所にも必ず結ぶ
★ 保護スーツ類の着脱が難しい ←ロングファスナー付きで濡れていても容易な製品に替える

★  器材の詳細や通信販売はこちら をご覧下さい。  当店へのお問い合わせはこちら です。


    現在参加者募集中のツアー


    最近催行済みのツアー

当店のツアー動画各種

ページのトップへ戻る